2016年09月23日

二次障害が怖い...

私が今一番怖い事...



たぶん発達障害のお子さんをお持ちの方は皆怖いんじゃないかな(´+ω+`)



二次障害は、私もまだまだ理解しきれてないんですが...





発達障害の子は、基本叱られる事が多いみたいです。



確かに、自閉症のたろすけも、何かと怖がるので、『めんどくさい!』とイライラさせられてしまう事がいっぱい。



こだわりもあり、いちいちめんどくさい。



なので、とっても急いでる時とか、心に余裕がない時は、どうしても怒ってしまいます。



何回話しても理解してくれない事もあるし。



まず、私達夫婦は、たろすけが自閉症だということを知っています。


何が理由でかはわからないけど、何かをよく怖がるのが特長だという事も知ってるので、「いやだ」「やりたくない」と抵抗した時、なるべく叱らないように、言い聞かせて前に進んできました。





これが





実は自分の子供は自閉症なんだけど


親も気づかず、誰にも気づかれず





だと





自分の子供があれこれ嫌がるたびに


癇癪を起こす度に





親には、ただのワガママにしか見えない...





そうなると





親は子供のワガママに呆れ返って


子供にイライラ


いつも怒ってばっかり


我が子を否定するような事を沢山言ってしまう親もいる





こんな時





子供を否定しない別の方法を知っていれば


療育がしっかりしていれば





回避出来るそうなんです。





何を回避するかというと…


二次障害。







子供が、お友達とのコミュニケーションでも上手くいかなかった時


『自分はダメな子だ』


『皆、私の事嫌いなのかな』


と、子供は自信がなくなる。





子供がつまづくであろう事を事前に知識として蓄えて、しっかり対処する。





そして





専門の先生に相談する。





そうやって、周りがサポートする環境を作らないといけないんです。





それが、出来ていないと、





自尊心が欠落して





①心が、内へ内へ…入っていきます。




引きこもり


不登校


対人恐怖症


・・・





その逆に





②感情が外へ外へ、投げ出されます





周りに反抗する


暴力的


犯罪を犯す事にも繋がる


・・・





まだまだ「二次障害」勉強中です。




とっても難しい。




ここに書いた事は


「二次障害」の勉強会で聞いた話を、私の捉え方で書きました。




入門の前の、ザックリとした内容です。




もっともっと、奥が深い。




発達障害の事も、よく理解できてなくて、「たろすけは本当に発達障害なのかな?」なんて、のんきな事考えてるくらい、理解できてません。


でも、二次障害の話を聞くと、他人事とは思えない、なんとか回避出来ることはしてやりたいのです。




なんとか、回避するためにも、自分の子供の発達を知ることは、とても大切な事。




だと思うんです。




発達障害のない子でも


もちろん毎回毎回


キツくしかられたら


自分を否定されたら


我慢しなさい!っと全てをセーブさせられたら…




自尊心はしっかり育たないと思います。




褒めて褒めて、伸ばす!のが良いのかは、よくわかりませんが…




せめて、子供の気持ちに寄り添う






どうして、機嫌が悪くなって、だだをこねだしたのか…


何が嫌なのか…


その原因をゆっくり聞いてみる




聞いてみると、実は思ってる事とは全く違う事で気持ちが荒れてたりします。


それを聞いてやると、子供は安心します。




ただ甘えたかっただけ…


な事もあるし…笑




だだこねられて、イライラしながら叱って、さらに口応えが入って「キィィっ!!」ってなるなら、寄り添ってみる事、おすすめします♡



ちなみに、5歳の息子も、寄り添う方法は落ち着くのが早いです。


その後甘えてくるから、ちょっと面倒やけど…笑




この方法、いつまでつかえるんやろ

( ̄∀ ̄;)


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ


posted by こはな at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達の事 | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

低体重児と発達障害と、腸内フローラ...

低体重児は、腸内フローラの状態があまり良くないそうです。

ビフィズス菌がほとんどなくて、悪玉菌だらけだそう...



赤ちゃんは、出産時に産道を通ることで、お母さんの菌を貰って出てきます。


また、生まれてから、母乳を飲んでいる赤ちゃんの腸内細菌のほとんどがビフィズス菌なんだそうです。

母乳にはオリゴ糖が含まれていて、それがビフィズス菌が増える元になるそうです。

低体重児や帝王切開児は、母乳を飲むタイミングも遅くなり、悪玉菌が増えやすくなりますが、母乳は腸内フローラを正常に近づけるチャンスなんですね( ºΔº )



低体重児や帝王切開で生まれた赤ちゃんは、お母さんの産道を通らずに出てきてしまうので、腸内フローラはビフィズス菌が少ないため、糖尿病患者の腸内フローラに近い状態だという指摘もあるそうで...(´×ω×`)


それが原因で、低体重児は将来、糖尿病のリスクも高い...という事なんでしょうか。


低体重児にしても、正期産でも帝王切開で生まれてきた赤ちゃんは、母乳が飲めたら本当にありがたいですね。



また、自閉症児は腸内フローラの状態がよくないという指摘もあるそうで...╭(°ㅂ°)╮╰(°ㅂ°)╯

自閉症児はヨーグルトを食べると症状が改善されるって聞いたことがあるので、この事なのかな。





腸内フローラとは、腸の中にできるお花畑みたいな物だそうです・・・


よくわからないけど...(´・ ・`)




腸内の細菌は、3つに分けられてるそうです。




1つ目は、ビフィズス菌や乳酸菌などの『善玉菌』


善玉菌とは、腸内を酸性にして、外から襲いかかる有害な菌をやっつけてくれたり、免疫力を高めてくれる菌の事。




2つ目は、大腸菌などの『悪玉菌』


悪玉菌とは、身体の抵抗力を弱めたり、発がん性物質や毒素のある有害物質を作り出す菌の事。




3つ目は、その時の環境によって善玉にも悪玉にもなる『日和見菌』と呼ばれる菌。




この3つの菌のを合わせて、1000種類以上もある腸内細菌が、お花畑の様に見えるらしく...『腸内フローラ』と言うそうです。





『腸内フローラ』の環境は、普通に暮らしてても、悪玉菌が増えます。




1つ目の原因は、『加齢』(o´Д`)=з


年齢を重ねる毎に、腸自体の新陳代謝が悪化するんだそうですよー。




2つ目の原因は、『高脂肪食』


脂っこい食べ物やファーストフード、油で揚げたスナック、マーガリンやショートニングに含まれるトランス脂肪酸など。


ショートニングは、いろんな菓子パンや、お菓子にも使われています。

手作りのクッキーかなー?と洋菓子屋さんで購入したお菓子にも使われてる事があります。




3つ目は、ストレス。


ちょっとしたストレスでも、簡単に悪くなるみたいですね。




4つ目は、人工甘味料...


糖質ゼロの飲料水なんかには必ずと言っで良いほど入ってる『アスパルテーム』や食べ物の材料でよく目に『スクラロース』


健康を考えて使ってる方もいらっしゃると思いますが、(私もそうでした...)


逆に、糖尿病になりやすくなるとか、良くない情報も目にします(´°д°`)


スクラロースは、お腹の赤ちゃんがながれるとか...



何が正解かわかりませんが、砂糖は控えめに..が1番かもしれないですね(;^_^A




にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

posted by こはな at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達の事 | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

妊娠高血圧症→自閉症?

知りませんでした(T_T)


妊娠高血圧症になると、赤ちゃんが自閉症になるリスクが高くなるなんて(>_<)



それも、重度になるほど、自閉症のリスクもどんどん高くなるって(>_<)



お兄ちゃんのたろすけの時は、臨月近くになってから身体がむくみだして、出産する頃には膝も曲げられないくらいパンパンでした(´-ω-`)


もとから、塩気の多い食べ物とか、醤油も好きじゃなくて、大食いでもなく、低血圧で...


高血圧なんて無縁と思ってたのに(´°д°`)



妊娠してすぐはハンバーガーが食べたい時期が一瞬ありましたが、その後は和食中心の生活でした。



ただ、身体は元からむくみやすくて、蛋白尿も出やすかったので、そのせいだったのかな?



弟のひなたろの時は、妊娠高血圧症重度で(>_<)

少し病院行くのが遅かったら、産後ICU行きだったそうなので、たろすけの時よりも重症で。・°°・(>_<)・°°・。


そのうえ、早産児、低出生体重児、お兄ちゃんが自閉症、で、ひなたろの自閉症になる確率はかなり高そう(´°д°`)



自閉症の赤ちゃんは生後1ヵ月頃から目が合わないそうで、でも、お兄ちゃんのたろすけは目を見て笑い返してくれてました。

今も普通に目が合うし╭(°ㅂ°)╮


弟のひなたろも、同じように目を見て笑い返してくれます。

目が合うと喜んでくれます。



折れ線型の自閉症なんて言うのもあるそうです(´°д°`)

赤ちゃんの頃は目が合ってたのに、2歳頃から目が合わなくなるって。

言葉も出てたのに消えていくと か。



心配し出したらキリがない(>_<)



心配はしすぎず、でも心にはとめておいて、早めに医療機関に相談できるように、心の準備、しておきたいです。



にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

posted by こはな at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達の事 | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。